【2024年5月更新】Amex Marriott Bonvoy Businessクレジットカードを徹底解説!

本記事では,Marriott Bonvoy Business(アメックスマリオットボンヴォイビジネス)カードの解説をします。マリオット系のクレジットカードは何枚かありますが,個人的には一番オススメのカードです。私も本カードを作成します。

目次

カード概要

  • 年会費:125ドル
  • 初回ボーナス:期間限定!無料宿泊券5泊分(1泊あたり50,000ポイントまで)(3か月で8,000ドル使用))(通常:無料宿泊券3泊分(1泊あたり50,000ポイントまで)(3か月で6,000ドル使用))(紹介リンク)
  • マリオット参加ホテル:ポイント6倍
  • 世界中のレストラン,米国内のガソリンスタンド,無線電話(米国のサービスプロバイダーから直接購入したもの)など:ポイント4倍
  • その他:ポイント2倍
  • マリオットGoldステータス

本カードの特徴

入会ボーナス

Welcomeボーナスがポイントから無料宿泊券に変更になりました。1泊あたり50,000ポイントまでのホテルに3泊することができます。

7% Room Rate Discount

スタンダードゲストルームの価格が7%割引されます。

無料宿泊特典

年会費更新すると,無料宿泊券(35,000ポイント以下)が1枚もらえます。この特典のおかげで,いつまでも持っておきたいカードになります。

また1-12月の間に60,000ドル以上支払いをすることで,無料宿泊券(35,000ポイント以下)をもう1枚もらうことも可能です。

宿泊実績(15泊分)

本カードを所有しているのみで,宿泊実績が15泊もらえます。プラチナやチタンなど,ゴールドよりさらに上位ステータスを狙うのにとても有効です。宿泊実績は他の一般Marriotクレジットカードと合わせることも可能です。(一般カード(パーソナル)とビジネスクレジットカードで合計2枚)

ゴールドステータス

Goldステータスによって,ルームアップグレードやレイトチェックアウトが使用できる可能性があります。宿泊時に25%ボーナスポイントが増えます。

ビジネスクレジットカード

アメリカでのクレジットカードを本格的に行うと,必ず「Chaseの5/24ルール」というものを目にします。ビジネスクレジットカードは,基本的に「Chaseの5/24ルール」に抵触しないため,ビジネスクレジットカードを作成することを考えていました。

海外取引手数料が無料

私はアメリカにいる今でも,日本のサービスを利用しています。(例えば,Amazon.co.jp,DMM英会話,親戚へのプレゼントなどです。)

海外取引手数料が無料のため,損することなく安心して,日本円の支払いにも使用しています。

注意点

マリオットカードには独特の気をつけるべきルールがあるので,確認してから申し込んでください。

24か月ルール

マリオットのクレジットカードはAMEXの他に,Chaseでも発行しています。1つ目の会社でマリオットカードを作成,入会ボーナスをもらった後,2つ目の会社でカードを作成する場合は,24か月期間を空けないと入会ボーナスがもらえません。

例えば,Chaseでマリオットカードを作成し,入会ボーナスをもらった後,24ヶ月間はAMEXでマリオットカードを作成しても,入会ボーナスがもらえません。逆も然りです。

90日ルール

こちらは,同じ会社のマリオットカードを複数枚作成する際の注意点です。1枚目のマリオットカードを作成,入会ボーナスをもらった後,90日空けてないと,2つ目のカードの入会ボーナスがもらえません。

例えばAmexで,Marriott Bonvoy Businessカードを作成,入会ボーナスをもらった日から90日以内に,AmexでMarriott Bonvoy Brilliantカードを作成しても,入会ボーナスがもらえません。

申込方法

Marriott Bonvoyの会員番号を取得

クレジットカードの申請の画面にMarriott Bonvoyの会員番号の入力欄があるので,まだ会員でない方は,公式サイトより,ご登録ください。

申請方法

  1. リンクをクリック
  2. 「Apply Now」をクリック
  3. 必要情報を入力する。(ビジネスクレジットカードの申請方法

まとめ

本記事では,Amex Marriott Bonvoy Businessクレジットカードを紹介いたしました。

①ビジネスカードで,②大量の入会ボーナスがもらえ,カードを更新しても③無料宿泊特典がもらえる魅力的なカードです。

ぜひ作成を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次